歯医者は怖い?

口の中は、髪の毛1本が入っても敏感に察知する感覚器官です。そんな繊細な場所なのに、手荒な治療をされたり、怖い思いをされたり、トラウマをお持ちの方は非常に多いはずです。世の中大多数の方が歯医者嫌いになっています。ほとんが子どもの頃のトラウマが原因ですが、現在は多くの歯医者さんが無痛治療に取り組んでいます。
最近では歯医者さんのホームページで「無痛治療」といったことをよく目にします。無痛歯科治療では、寝ているうちに治療が終わっている・・。まるでスパでリラクゼーションを受けているかのようにオーラルケアを受けられます。

信頼関係による無痛

同じ治療方法でもまったく無痛で治療することができる人もいれば、ほんの少しの刺激で痛く感じる人もいます。いくら麻酔や治療法を工夫しても痛がる人はいます。逆に信頼した人に治療されると少しの痛みも我慢できてしまうものです。心の問題は重要です。信頼関係があり、安心して受けられれば敏感に反応しないで済みます。

麻酔をうつのが痛い怖い

通常、麻酔が効いていればまずどんな歯の治療をしても、痛むことはありません。しかし、その麻酔をうつのが痛い怖いと感じる方が多いですね。
この針の刺さる痛みを無くすために、針の刺さる粘膜を特殊な塗り薬で麻痺させてしまう方法があります。
また最近では、電動注射システムを利用しているクリニックもあります。このシステムは、歯科の注射をより痛くなく行うために開発されたものです。使用している針の直径が細いこと、注射液の量をコントロールできることが特徴です。微量の液を麻酔を必要とするポイントに注入できるので既存の注射より、少量の液量で、確実な効果が期待できるようになりました。下顎の奥歯など、今まで麻酔が効きにくいとされてきた場所で、威力を発揮します。

それでもダメなら笑気ガスを使用する

それでも痛いと感じる患者さんもいます。そのような方は実際に痛むというよりも、心理的に、つまり何も治療をしていない内から「歯医者こわい、痛い」と思い込んでいる方ですね。
このような患者さんには笑気ガスを使用します。鼻につけたマスクから、笑気ガスを吸い込むと、約5分で、体の力が抜け、とてもリラックスした気持ちになります。これで完全に痛いという患者さんはいなくなります。

スポンサードリンク

歯科恐怖症患者用外来

ニューヨークのあるクリニックには「歯科恐怖症患者用外来」があります。痛くない歯科治療は、アメリカでは一般的となっているようですね。